悩み相談 何のために働くのか分からない。 マズローの欲求5段階説をもとに

悩み相談 何のために働くのか分からない。 マズローの欲求5段階説をもとに

美咲さん
何のために働くのか分からなくなりました。

誠さん

そうですか。それでは、マズローの欲求5段階説をもとに整理してみましょう。

その説では、人間の欲求は5段階のピラミッドのように構成されていて、第一段階の欲求が満たされると、ひとつ上の段階の欲求を欲するとされています。

①第一段階は、生理的欲求です。

生きていくための基本的、本能的な欲求のことです。たとえば、食べたい、飲みたい、寝たいなどです。

②第二段階は、安全欲求です。

安全・安心な暮らしがしたいという欲求のことです。例として、雨風をしのぐ家とか健康などです。

③第三段階は、社会的欲求です。

集団に属したり、仲間を欲しくなったりする欲求のことです。

④第四段階は、尊厳欲求です。

他人からの賞賛を求める欲求です。

⑤第五段階は、自己実現欲求です。

自分が目標として掲げていることを実現したいという欲求のことです。

 

 

美咲さん
そうでした。マズローの欲求5段階説を思い出しました。

誠さん

本田有明さんの「仕事に活かす<論理思考>」の本をもとにして、仕事の目的を整理してみます。

➀生理的欲求を満たす。

食べるために仕事をする。

②安全欲求を満たす。

日々の生活を安定させるために仕事をする。

③社会的欲求を満たす。

チームに所属して働くことによって満足感を得る。

④尊厳欲求を満たす。

顧客へのサービスを通じて他者から認められようとする。

⑤自己実現欲求を満たす。

仕事を行うことによって、創造的活動をし、自分の能力を引き出したい。

以上のようになるでしょうか。

 

 

美咲さん
なるほど。

誠さん
 自分がどの段階なのか、考えてみるのもいいでしょう。

 

↓ ↓ 仕事と向き合うの記事一覧へ

仕事と向き合うの記事
 

↓ ↓ 悩み相談の記事一覧へ

悩み相談の記事